読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエッションコンテンツ

クエッションコンテンツでははてなブログをつかって色々なことを配信していきます!

退職後転職する時の条件

退職

①じっくりと時間をかけて希望の会社を探せる
②ベテランの人材コンサルタントが親身になって相談に応じてくれる
③企業情報が1砿く集められる0公開していない採用情報も多数
④紹介される相手の企業に食い込んでいる
⑤あな加離をよく考れくれるの柏舶射キャリアの離謝できる
職務経歴書重視の相談なので、職務経歴についての理解が深まる

有能なコンサルタントの条件
I
①信頼できる人柄ーコンサルタント
自身が転職で苦労をしている
②親身で熱意があるーあなたの立場
に立って相談に乗ってくれる
③人脈が豊富一自分のところに適当
な会社がないときは、他の人材会
社を紹介する
④採用コンサルティング能力一採用
にまで持っていってくれる
⑤転職指導能力ー職務経歴書の書き
方を教えてくれる
⑥営業力ー優良企業と幅広くネット
ワークを形成する

退職届http://hateblog.hateblo.jp/entry/todoke1


転職の業務にかかわるハローワーク都道府県
の相談所、人材会社、就職情報会社などではよく
セミナーを開いている。若い人は学生時代の就職
活動でずいぶんと世話になったと思うが、リクル
ートを始めとする就職情報会社はとくに頻繁に転
職セミナーを開いているので、ぜひ参加してみる
ことだ。就職が決まらないでそのままフリーター
をしている人や、入社してすぐに会社を辞めてし
まった人がたくさん参加しているので仲間意識も
芽生える。その案内は新聞や転職情報雑誌のほか
電車の広告にもよく見られる。
最近ではとくに「
U
ターン・Iターンフェア」
「コンピュータ関連企業フェア」「外資系企業フェ
ア」など目的別にも実施されている。とくに、こ
れまでその実体がよく見えてこなかった外資系企
業の転職セミナーも開かれるようになり、日本市
場に食い込みたい外資系企業の意気込みが伝わっ
てくる。

た、
人材会社のセミナーにも注目し
たい。

つには大手人材会社が主催をする転職セミナーが●

る。
これは、従来通り企業のブースで転職希望一
者が面接をする形式から、適性検査、有識者の講
演などで構成される。
最近になって登場してきたのが、もっとク自己
開拓4に根ざしたセミナーである。中堅のキャリ
アバンクでは
98
年より「中高年向けの自己開拓セ
ミナー」を開催しており、自己開拓転職のノウハ
ウを具体的かつ体系的に解説をして中高年の転職
をサポートしている。