読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエッションコンテンツ

クエッションコンテンツでははてなブログをつかって色々なことを配信していきます!

退職の時必ず手元になければならない書類とは

会社から次のものを返してもらったかをまず確認しよう。これらの書類がないと、あとあと
大変なソンをすることになる。会社から返してもらう(受け取る)ものは、厚生年金手帳、雇
用保険被保険者証、離職票、給与所得の源泉徴収票、退職所得の源泉徴収票の5つだ。
厚生年金手帳と雇用保険被保険者証の2つは、会社で管理し、退職時に返却するケースも多
い。また、会社で預かっていない場合は個人に渡されているはずなので、保管場所の確認が必
要だ。万が一紛失していたら、再発行してもらえる。雇用保険被保険者証は、失業保険を受け
る際に必ず必要になるので退職届を提出した時に確認しよう。

また、あってはならないことだが、悪い会社では、社会保険料雇用保険料を給与から天引
きしながら、実は加入していないケースもある。株式会社や有限会社は社会保険雇用保険
強制的に加入しなければならないことになっており、したがって、そうした行為は違法だ。

この場合には2年前まで遡って加入できるので、会社に申し出て、すぐに手続きしてもらお
う。ただし、2年以上遡っては加入できないので、一日も早く手続きをする必要がある。


①厚生年金手帳
再就職する際は、次の会社に提出。また、しばらく就職しない場
合でも国民年金への切替えに必要
雇用保険被保険者証
失業保険をもらうときに必ず必要になる。普通は退職時に①の
年金手帳とー緒に返してくれる
離職票
もっとも大事なもの。失業保険をもらうときに必ず必要になる。
退職後10日以内に送られてくる
④給与所得の源泉徴収票
⑤退職所得の源泉徴収票