読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエッションコンテンツ

クエッションコンテンツでははてなブログをつかって色々なことを配信していきます!

検索ユーザーを上手く捕まえる効果測定をSEOに活用する方法とは??

SEO対策

SEOというのは、一度施してしまえば、それでOKという性質のものではありませ
ん。

サイトの立ち上げ当初は内部要素・外部要素共にほぼ理想的なSEOが実施できて
いたとしても、時間が経つにつれてその効果は薄れてきます。

アクセスログだけを定期的に見てPvやユニークユーザー数の増減に気を付けてい
ればそれで十分、と考えているのであればその認識を改めましょう。

例えば、「SEO」で検索するコいーザーよりも「検索エンジン最適化」で検索するコー
ーザーが多いとします。

それなのに、あなたのウェブサイトに「検索エンジン最適化」
というキーワードが使われていなければ、知らないうちに多くのユーザーを取りこぼ
しているということになります。

このようにキーワードの方向性やトレンドがユーザーニーズとずれていると、ユー
ザーに背を向けて走っているかのように、SEOが進めば進むほど集客力が落ちていく
ことになります。

そうならないために、効果測定やデータ分析を通じて、サイトがユーザーの方を正
しく向いているかを常に確認しましょう。

例えば、Amazonは紹介しているA/Bスプリットテストを常に実施して、よ
りユーザーに支持されるデザインやコンテンツを模索しています。大手サイトといえ
ども、常にユーザーの方を向くための努力をしているのです。

それよりも規模が小さいサイトならなおさら、Amazon以上の努力なしにユーザーの心を掴むことができな
いでしょう。

マーケティングでは、PDSA (Plan-Do-See-Act) のサイクルを回さなくてはいけな
い、といわれます。計画(Plan)を立て、実行(Do)し、確認(See)、改善(Act)
に繋げる、というサイクルですが、ウェブに限っていえば、最後のAはAnalyse(分
析)ではないかと思います。

ウェブは様々な効果測定を行うことができるメディアです。その特性を活かさない
手はありません。


効果測定の4つの手法

では、効果測定とは、一体何をすればいいのでしょうか?
アクセスログの結果分析や、出稿しているリステイング広告のコンバージョンレー
トの確認など、確認しなくてはいけない事柄は数多くあります。具体的に
は以下の方法について説明します。


SEO TOOLSを使う
Google AdSenseを使う
アクセスログを分析する(Google Analytics)
SEMの効果測定をする

これらの方法を使うことで、検索エンジンの視点(①と②)と、ユーザー視点(③
と④)の両方の視点で、効果を分析することができます。

それでは、次節より詳しい説明を始めましょう。