読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエッションコンテンツ

クエッションコンテンツでははてなブログをつかって色々なことを配信していきます!

手続きさえすれば退職金の所得税の控除が受けられる

退職金は会社ごとに規定があり、懲戒解雇などで辞めないかぎり規定通り支給されるはず。
退職金に関しては、長年の功労に報いる意味と、退職後は何かとお金がかかる事情を考慮し
て、特別な所得税の制度が設けられている。

退職金は給与の後払い的な性格があるため、勤続年数に応じた特別の控除枠が設けられてい
る。これが退職所得控除である。この控除枠を利用するためには、退職所得の受給に関する申
告書という書類を会社に提出するだけでいい。

退職届などと一緒に提出しましょう。

もしこの書類を提出しなければ、退職金に一律20%の所得税が課せられる。しかし、もし書
類を提出せずに20%の所得税を引かれた場合でも、確定申告で清算すれば、ほとんどの場合、
後から税金は還付されるが、それは翌年3月以降になる。


勤続年数退職所得控除額
20年以下40万円×勤続年数(最低80万円)
20年超800万円+70万円×(勤続年数20年)


退職金の支給額が800万円、勤続年数が10年2か月の人の場合
①勤続年数は11年になります。(2か月は1年に切り上げ)
②勤続年数×40万円=11年×40万円=440万円
③(退職金の支給額一②)×1/2= (800万円一440万円)×1/2= 180万円
④③×所得税の税率=18
この場合の源泉徴収税額は18万円になります。

課柳職所得金額(A) 榊伯)控除額(の税額=(A)x(B)ー(の
3,300,000円以下10% (A)xlO%
3,300,000円超9,000,000円以下20% 33万円(A) x20%-33万円
9000,000円超18,000,000円以下30% 123万円仏)x30%一123万円
18,000,000円超37% 249万円(A) x37%-249万円
21O000