読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエッションコンテンツ

クエッションコンテンツでははてなブログをつかって色々なことを配信していきます!

転職希望者のヘッドハンティング

マスメディアで転職が話題になるにつれ「ヘッ
ドハンター」とか「ヘッ
ドハンティング会社」と
いう言葉がよく聞かれるようになってきた。
では、ヘッドハンティング

A 社のヘッドハンター

たちは、どのように業務を進めていくのか。そ
の仕事の方法は次のように要約できる。
①どんな人材を獲得するかを依頼企業と詰める。
②候補となる人材を数名選ぶ。
③彼らの財務・営業・企画・人事能力・語学力・
などのほか、家族構成、年齢、性格、趣味、地
理的経験などを調査していく。
④候補者に連絡を取り、会って面談をする。
⑤仕事内容、年収など条件面を探っていく。
⑥同時に依頼側の企業とも何度も会って、企業の
経営哲学、戦略、人材の要求資格、権限の範囲、
待遇などを話し合う。
⑦候補者と依頼会社側との面談へと進める。
⑧交渉が成立したら、候補者の会社を円満退社
持ち込む。

こうして無事、ヘッドハンティングが成功したときの報酬は、候補者の年収の20、35%といわれ一
る。また、別に通信費などの経費を5、10%取る。

合計約35%で年収2000 万円の場合は700万円となるので、依頼企業にとっても慎重にならざ
るを得ない。ただし、人材流動化時代になり、外資系企業を中心に人材ビジネスは深層で活発化し
ているという。

また、最近ではこうしたヘッドハンティング会社が「あなたの格付け」をするサー
ビスを開始するなど業務は多様化している。



ヘッド(頭脳)をハント(狩る)する人たち。主に大手企業の会長、社長、副社長などのトップクラス層をスカウトする

意味が広まり、部長・課長以上
クラスの企業幹部あるいは、高
い技術力を持つ研究者、金融ス
ペシャリストなど専門家をス力
ウトする人を指す